ヤクルトがFA山田哲人、小川泰弘、石山に大型契約提示で引き留めへ全力

Pocket

ヤクルトは国内FA宣言を取得した山田哲人内野手、小川泰弘投手、石山泰稚投手の引き留めに大型の複数年契約を提示し、引き留めへ全力を注ぐ。

3選手に大型契約を提示

一部報道によると、大型契約の内容は以下の通りだ。

山田哲人に7年総額45億円

単年あたり6.5億円の大型契約。NPB史上最大の年俸は元横浜(現DeNA)の佐々木主浩氏や現巨人の菅野智之。それが7年間と大型契約となる。複数年で最大の大型契約がソフトバンク柳田悠岐の7年間40億円と言われているので、それを上回るNPB史上最大の契約となる。

山田の今季推定年俸は単年契約で5億円。

小川泰弘に4年総額8億円

今季10勝をあげたエース・小川には4年で8億円。単年あたり2億円の大型契約。今季年俸が推定9,000万円であるから倍増以上の契約となる。

小川は入団して以降毎年ローテーションを守っており、チームにとっては欠かせない存在。それと共に、FA史上でも非常に高い評価がされるとみられる。

石山泰稚に4年総額7.5億円

今季20Sをあげたクローザー・石山には4年で7.5億円。単年あたり1.8億円。今季推定年俸8,000万円からこれも倍増以上。

これまで故障による離脱も少なくなかった石山は、球団としては最大限の

リリーフ投手はFA市場で特に需要が高く、動向が注視される。

宣言残留も認める意向

野手の要・先発投手の要・リリーフ投手の要とチームの要所である3人には宣言残留も認める意向。

なお、補償ランクは山田がAランク、小川と石山はBランクとみられる。いずれも獲得には人的補償が必要。

過去のFA権取得者には畠山和洋川端慎吾に大型契約をしたが、特に川端は契約締結後に故障離脱が目立ち、期待通りの活躍ができなかった。複数年契約にはこういったリスクがあるものの、FA権取得者の年俸アップは当然の権利であるともいえる。なんとしても残留してもらいたい3人だ。

参考:近年のFA権取得者との契約

ヤクルト・近年のFA権取得者との契約(金額は推定)

川端慎吾:4年6億円(2015オフ)

・畠山和洋:3年4億円(2015オフ)

脚注

2020/11/12

yoshi-kky


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。