試合結果 2020/03/25 ヤクルト4-3広島(マツダスタジアム 練習試合)

戦評:
ヤクルトは2回、廣岡が相手投手九里の失投を捉え、先制の2ランホームラン。3回には二死から3番雄平が出塁し、4番村上の長打で1点を追加する。5回にはまたしても二死から2番吉田大成が単打と盗塁でチャンスを作り、3番雄平がタイムリーヒットを放ち1点を勝ち越し。先発陣は開幕ローテ入りを目指すイノーアが5回を投げ坂倉からの1被本塁打を含む8被安打3失点と苦しい内容で、開幕ローテ争いから一歩後退したか。2番手以降は継投で逃げ切り、連勝を飾った。

試合結果 2020/03/24 ヤクルト3-2広島(マツダスタジアム 練習試合)

戦評:
ヤクルトは開幕ローテ入りを目指すスアレスが先発。5回を投げ被安打7と走者を溜める場面が目立ったが、2失点(自責点1)と無難な内容でゲームメイクに成功した。続く大下、中尾が2イニングずつ投げ共に無失点と、アピールに成功した。打線は5回に好調の吉田大成がタイムリーを放つと、1点ビハインドの8回に連打で走者を溜め、雄平の2点タイムリーで逆転に成功した。試合はそのままヤクルトが勝利をおさめた。

試合結果 2020/03/22 ヤクルト0-10阪神(神宮球場 練習試合)

戦評:
ヤクルトは開幕ローテ入りを目指す山田大樹が先発。立ち上がりからランナーを背負う苦しいピッチングになるが、4回を2失点にまとめ、ベテランらしくゲームメイクをした。4番手と5番手には2月以来の1軍復帰となる梅野と石山がそれぞれ登板。梅野は1回を投げ3失点、石山は1回を投げ無失点という結果になった。打線は阪神投手陣の前に封じ込められ、完封負けとなった。

試合結果 2020/03/20 ヤクルト7-2阪神(神宮球場 練習試合)

戦評:
ヤクルトは2回、先頭の塩見の三塁打を皮切りに、エスコバーのタイムリーヒットで先制。その後も上田の2点タイムリーや、5回には4番村上のタイムリー二塁打が飛び出すなど効率的に得点を重ね、快勝。投手陣は開幕一軍入りを狙う面々が登板し、先発した清水は2イニングを危なげなく抑え、大西、今野、長谷川の好救援も光った。