#11ヤクルト歴代背番号「11」一覧|若きエース奥川恭伸や剛腕荒木大輔、由規ら「世代を背負うエース」

ヤクルトの歴代背番号11を紹介。歴代を振り返っても荒木大輔や由規ら甲子園のスター投手が背負ってきた番号です。2022年現在背負っている奥川恭伸も甲子園準優勝投手で、2年目から9勝をあげるなど将来のエースへ期待が膨らむ投手です。

背番号36

#36ヤクルト歴代背番号「36」一覧|ブンブン丸池山隆寛やプリンス川端慎吾ら「若手スラッガーの登竜門」

ヤクルトの歴代背番号を紹介するコーナー。今回は「若手スラッガーの登竜門」ともいえる36番を紹介します。廣岡大志(現巨人)のトレードで2022年現在は空き番号となっている36番ですが、過去には池山隆寛、川端慎吾らスラッガーが若手時代に背負っていた番号でもあります。